遠くへ行く場合の交通手段

旅行へ行く場合、近く行くならば、自家用車や電車を利用して行く人は少なくありません。また、バスなどを利用して旅行に行くのも悪くはないでしょう。ですが遠くへ行くなれば、少し交通手段が変わってきます。ある程度距離がある場合、例えば500キロ以上先の場所に行く場合はバスは不都合になります。もちろん500キロ以上走るバスもありますが、ほぼ夜行バスになってしまいますし、乗車時間が長くなってしまい腰が痛くなったりすることも少なくありません。旅行の過程で快適性を求める場合であれば、新幹線や飛行機などもよいかもしれません。飛行機の魅力は短い時間で現地に到着することです。ですが、景色が見えないという点では、新幹線の方が優れているといえます。

フェリーに乗っていくこともできる

旅のだいご味は、移動する時間だとすればフェリーを選択肢の一つに入れてもいいかもしれません。フェリーの欠点は、費用が高くなりがちなことです。また、バス同様に時間がかかってしまいます。バスの平均速度は下道を含めると平均60キロ程度でしょう。ですがフェリーの場合はそれより下回ってしまうため、どうしても時間がかかってしまうのです。もちろん、フェリーにしかない独特の雰囲気があります。まず食堂があり、部屋さえしっかりと選べば、個室などもありますのでプライバシーの確保ができます。さらに、船から眺める景色は雄大ですので、独特の雰囲気があるのは間違いありません。少なくとも子供にとっては、思い出深い旅になるでしょう。